105年第2學期-5191 台日社會交流研究Ⅲ–政治與溝通 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 999人,已有4人選讀,尚餘名額995人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
平時表現, 平時作業等 30
研究發表, 研究報告等 30
期末報告, 論文發表等 40

授課教師

陳永峰

教育目標

 政治の根源はことばであり、コミュニケーションであり、人間同士の相互作用である。政治家がどういうことばを使ってどのように語りかけるか、そしてそれを国民がどのように受け止め、評価し、行動するか、ここに政治のダイナミックスが凝縮しているといえる。つまり、政治とは「ことば」であるといってもいい。このアプローチは、政治を、ことば、コミュニケーション、相互作用という観点から捉えるものである。  政治とことばは、人間の本質的な部分であり、ことばによる相互作用を通じて相手を説得することが、政治のエッセンスだといってもいいだろう。本講義は、この政治の本質ともいえる「ことば」の観点から、日本の今日の政治を見直してみようというものである。

課程資訊

參考書目

1,孫崎 享『日本の情報と外交』PHP新書,2013.
2,東 照二『選挙演説の言語学』ミネルヴァ書房,2010.
3,佐藤卓巳『輿論と世論 日本的民意の系譜学』新潮社,2008.
4,高瀬淳一『武器としての言葉政治 不利益分配時代の政治手法』講談社,2005.
5,大嶽秀夫『日本型ポピュリズムーー政治への期待と幻滅ーー』中公新書, 2003.