106年第2學期-0326 綜合日語(二)C 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 30人,已有31人選讀,尚餘名額-1人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
平常点 50 パフォーマンステスト、応用会話、発表、出席
中間試験 25 聴解の自学、聴解の試験、会話の試験
期末試験 25 聴解の自学、聴解の試験、会話の試験

授課教師

工藤節子

教育目標

<総合> ① 聞いてわからない時に、さまざまな方法で問題解決ができる。 ② 言いたいけど、単語や文法が限られている時に、さまざまな方法で問題解決ができる。 ③ 話す・聞くの自分の能力を知り、自律的な学習が続けられる。 <月曜日> ④ 自分に身近な話題だけではなく、社会的な話題についても説明ができる、聞ける。意見、感想が言える、聞ける。 ⑤ 接続の表現(接続助詞、接続詞)を使ってさまざまな談話で説明ができる、聞ける。 ⑥ 調査やアンケートの結果を報告できる(PPTをもとにプレゼンテーション)、聞ける、質問ができる。 <水曜日> ⑦接触場面(キャンパスで先生や日本人の友人と日本語で話す場面)で必要な課題遂行ができる。聴解・会話練習、応用会話練習及びフィードバック、聴解の自学計画と実施状況の報告、TAを相手にしたロールプレイ(パフォーマンステスト)を受ける。

課程資訊

參考書目

『日本語話すー話す・聞く・考えるー』(致良出版社)、自主作成教材