本課程已於 2018-03-09停開

106年第2學期-5188 台日語言接觸研究Ⅱ–語言接觸社會論 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 70人,已有1人選讀,尚餘名額69人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明

授課教師

張瑜珊

教育目標

本課程由綜觀與微觀的角度來看語言與語言接觸後所形成的大社會語言生態與小社會語言生態。並學習語言管理理論的內容與實踐其分析方法。

課程資訊

參考書目

松原好次、 山本忠行(2012)『言語と貧困―負の連鎖の中で生きる世界の言語的マイノリティ―』明石書店
杉野俊子、 原隆幸(2015)『言語と格差――差別・偏見と向き合う世界の言語的マイノリティ』明石書店
里司宮崎、マリオットヘレン編著(2003)『接触場面と日本語教育―ネウストプニーのインパクト』明治書院
J.V. ネウストプニー(1982)『外国人とのコミュニケーション(岩波新書)』岩波書店
岡崎敏雄(2009)『言語生態学と言語教育―人間の存在を支えるものとしての言語』凡人社
塩原良和(2017)『分断と対話の社会学ーグローバル社会を生きるための想像力』慶応義塾大学出版会
多言語・多文化コミュニティのための言語管理 1997 国立国語研究所
台灣・韓国・沖縄で「日本語」は何をしたか