106年第2學期-5190 台日表象文化研究Ⅱ–表象交流生成論 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 70人,已有5人選讀,尚餘名額65人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
平時 30
課題・報告 40
期末課題 30

授課教師

大西仁

教育目標

本課程著 重於各個文本的分析,探討文本與讀者、視聽者之間不同的對話將給社會帶來什麼樣的影響。進而推演其夾雜在思想夾縫中的矛盾,尋求一個討論範疇,提出各個的 實踐觀察來共同探討言說成型的走向。 本課程はメディア作品の鑑賞・分析を通して、メディアが社会へ与える影響・あるいはメディアが社会から被る影響を分析するものである。本年度は、現在の台日関係に関わるメディア作品(文学および映像作品など)を取り上げる。

課程資訊

參考書目

リンダ・ハッチオン『アダプテーションの理論』、テッサ=モリス、スズキ『過去は死なない』