108年第1學期-0319 越境文化論 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 50人,已有31人選讀,尚餘名額19人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
参加 33
宿題 33
中間・期末レポート 33

授課教師

古川千?

教育目標

私たちが何かを知り、それについて話すというのは、どういうことか?ということを考えます。「越境」という名前がついているのは、「知る」ことも「話す」ことも、いろいろな境界線を跨いだ<越境的な行為>だからです。同じ知識と???を共有している人たちの間で「知り」「話す」こと???そこではすべてが當たり前で、あることを知っていることも當たり前だし、何かを話すときにその當たり前の知識が前提となっている─そういうことは、少なくとも現在の私たちの世界ではあり得ません。 これは、「知り?話す」ことが、常に境界の外の人たちを意識してなされている、ということではありません。現?は逆かもしれません─「知り?話す」ことによって境界を作り出しているのかもしれません。知今私たちの身の回りでおきている「越境的な問題」、あるいは起きている問題の「越境的な側面」を取り上げて、具体的に議論していきます。

課程概述

透過實際的例子學習:文化的區別、文化的分際,究竟文化是如何被分類又如何防衛這樣的分類?當人們對這條分際線有所異議、或者是想跨越分際提出異議時,會被如何「處理」?

課程資訊

參考書目

話題によって基本書籍は変わってきますので、その都度紹介していきます。話題そのものもみんなで決めます。