99年第1學期-0299 日語分科教學法(一) 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 25人,已有22人選讀,尚餘名額3人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
平常 50 授業参加と課題遂行
中間 20 教材作成、教室活動のデザイン
期末 30 実習1のデザインと実施及び評価(口頭、レポート)

授課教師

工藤節子

教育目標

1.言語政策の過去と現在、自身の日本語学習から、言語教育の目的と意義を考える 2.コースデザインの概念を理解する。 3.教材作成の実習を通して教育目標に合った教材、学材を作成できるようにする 4.実際に授業を組み立て、授業を実施することによって、評価を行い、授業の改善 案を示す。 5.いろいろな言語教育の現場(普通高校生、補校、職業高校)を訪れ、言語教育の目的と実際、教師の成果と悩み、教室で何が行っているのかを知った上で新たな言語教育のあり方を提案する

課程概述

本課程主要是在思考語言教育的目的、意義和言語教育的歷史和方法,以及學習教育活動設計、實行和評估的方法。

課程資訊

參考書目


『日本語教師の役割・コースデザイン』国際交流基金
『読むことを教える』国際交流基金
『話すことを教える』国際交流基金
『聞くことを教える』国際交流基金