99年第2學期-0314 比較溝通 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 50人,已有20人選讀,尚餘名額30人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
平常1 20 論文読解と発表
平常2 20 積極的な授業参加
平常3 10 平台にコメントアップ
中間 20 インタビューと発表
期末 30 接触場面ストラテジーの内省報告

授課教師

工藤節子

教育目標

(1)1学期の問題点をふまえながら、さらに文献を読み、実例を考えながら討論する。 (2)接触場面、談話管理の問題の枠組みを知る (3)日系企業や台湾に在住する日本籍企業関係者にインタビューし、企業におけるコミュンケーション問題を調査し、今後自分が籍を置くであろう場について知識を得る。

課程資訊

參考書目

「初級日本語教科書と「聞き返し」のストラテジー」
「接触会話の研究から会話の教育へー電話会話の終結部に見られるコミュニケーション問題を中心にー」
「中日語の電話による会話におけるあいづちの使用 -頻度と出現位置に着目して- 」
「インタビューの発表(仕事などの)内容についての報告)」
「メール交換による継続的な異文化接触場面ー留学生の評価を中心にー」
「在日ブラジル人と日本人との接触場面ー会話におけるコミュニケーション問題」
「発話能力を補うコミュニケーション・ストラテジーとは」