101年第2學期-0310 台日社區交流 課程資訊

iLearn 公告清單

讀取中....

Teams 連結清單

讀取中....

評分方式

評分項目 配分比例 說明
活動準備・フィールドについての学習 20 事前の会議、勉強会、ブログでのやりとり
グループ活動と討論 30 グループでの討論、フィールドでの協働作業、討論
責任ある課題の遂行 20 交通、宿泊、会計、リーダー、など各係りの仕事を協力しながら行う
口頭発表 15 グループで協力して学習したことを発表する
報告書作成 15

選課分析

本課程名額為 25人,已有27 人選讀,尚餘名額-2人。

授課教師

工藤節子

教育目標

1.コミュニティの活動の企画(コミュニティを知り、交渉をする)を教師と協働で行う。 2.企画に基づき、日本サイトとの連絡をとりあって準備をすすめ、企画を遂行する。 3.テーマについて理解を深める 4.さまざまな人がいる活動の中で責任をもって仕事をし、意志の伝達を図る。また初めて参加する人ともコミュニケーションを密にとり、新しい人間関係を築きながら問題解決を行う。

課程概述

台湾のさまざまなコミュニティとそこにいる人々に会うために、海外から参加する大学生たちとともに混成チームを組み、教室の外に出かける。コミュニティでの奉仕活動や様々な活動に参加し、いっしょに考え、行動して活動の成果(学んだこと)をコミュニティの関係者や他の学生たちに報告する。 尚、本課程は本大学の学生(外系を含めた1年生から4年生まで)と協定を結んだ海外の大学の学生が共同に参加する授業であり、海外の協定校の学生に対しては、協定に基づき成績表を発行する。

課程資訊

參考書目

参考文献(日本語文献は著者名あいうえお順・中文文献は出版年度順に掲載)(※印は松永所蔵のもの)

■多文化共生・多文化理解・文化比較の新視座を学ぶために
※池田理知子,E.M.クレーマー(2000)『異文化コミュニケーション・入門』有斐閣アルマ
※岩崎稔,吉見俊哉,陳光興(2011)『カルチュラル・スタディーズで読み解くアジア』せりか書房
※岩淵功一編著(2010)『多文化社会の〈文化〉を問う─共生/コミュニティ/メディア』青弓社
※渡辺潤監修(2010)『コミュニケーション・スタディーズ』世界思想社
※譚光鼎,劉美慧,游美惠編著(2008)『多元文化教育』高等教育文化出版
※劉阿榮編(2006)『多元文化與族群関係』揚智文化

■教育に対する視野を広げるために
※渋谷望(2003)『魂の労働』青土社
※中村水名子(2002)『他民族・多文化共生の明日を拓く社会科授業』三一書房
※ブルデュー,ピエール,ジャン=クロード・パスロン(1997)『遺産相続者たち 学生と文化』藤原書店
※フレイレ,パウロ(1979)『被抑圧者の教育学』亜紀書房
※保羅.佛雷勒(Paulo Freire)(2003)≪受壓迫者教育學≫巨流出版

■手話
※月刊言語編集部編『月刊言語』大修館書店(1998年4月号「手話の世界」2003年8月号「バイリンガリズムとしての手話」2009年8月号「手話学の現在」)
※『日本語学』1994年2月号「手話」
※岡典栄(2008)「国語と母語の相克,母語の困難 日本手話の場合」『2008年東海大學日本語文學系國際