101年第2學期-4125 台日表象文化研究Ⅱ–表象交流生成論 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 999人,已有4人選讀,尚餘名額995人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
平時 40
課題 30
学期末レポート 30

授課教師

大西仁

教育目標

本課程著重於各個文本的分析,探討文本與讀者、視聽者之間不同的對話將給社會帶來什麼樣的影響。進而推演其夾雜在思想夾縫中的矛盾,尋求一個討論範疇,提出各個的實踐觀察來共同探討言說成型的走向。 本課程はメディア作品の鑑賞・分析を通して、メディアが社会へ与える影響・あるいはメディアが社会から被る影響を分析するものである。本年度は台湾・韓国を初めとする東アジア地域において起こった近代史上の出来事や人物が戦後どのように表象されてきたか、その変化を通じ、背景となる政治﹧文化的状況を探ることを目的とする。

課程概述

本課程著重於各個文本的分析,探討文本與讀者、視聽者之間不同的對話將給社會帶來什麼樣的影響。進而推演其夾雜在思想夾縫中的矛盾,尋求一個討論範疇,提出各個的實踐觀察來共同探討言說成型的走向。

課程資訊

參考書目

学期中に指示します