106年第2學期-5192 台日社會交流研究Ⅲ–政治與溝通 課程資訊

iLearn 公告清單

讀取中....

Teams 連結清單

讀取中....

評分方式

評分項目 配分比例 說明
参加 33 討論への参加が求められる
Position Paper 33 それぞれの話題への立場表明
最終レポート 34 最後のレポート

選課分析

本課程名額為 70人,已有5 人選讀,尚餘名額65人。

授課教師

古川千?

教育目標

政治という概念の理解から始め、言語の政治、ジェンダーの政治といった関連する分野の概要と、その同時代的問題意識を探るとともに、自分自身の政治的意識を高めて、自律的な研究者を育成することが目標だ。そのためには、同時代的問題を具体的に分析しつつ、自分の立場を確認・作成していくというやりかたをしたい。具体的に何を問題として取り上げるかは、受講者と話し合いながら決めていく。

課程概述

在全球化及多元文化高度滲透的今日,國與國或公與私的界線已日趨模糊,為因應此一趨勢,本課程的討論範圍將不僅限於國家、政府、議會、政黨等固有的公部門領域,也會將觸角延伸至歷史、社會、經濟、媒體、教育、家庭、社區等的政治周邊領域。

課程資訊

參考書目

幻想の共同体 ベネディクト・アンダーソン NTT出版 1997
慰安婦像を世界中に建てる日本人たち 杉田 水脈 産経新聞出版 2017
慰安婦問題の決算 現代史の深淵 秦 郁彦 PHP研究所 2016
アウシュビッツの争点 木村愛二 リベルタ出版 1995
1937 辺見 庸 角川書店 2016