99年第2學期-0322 台日社區交流 課程資訊

iLearn 公告清單

讀取中....

Teams 連結清單

讀取中....

評分方式

評分項目 配分比例 說明
活動準備 15 事前の会議、ブログでのやりとり
グループ演習と全体会議 40 グループでの討論、フィールドでの協働作業と発表準備、相互の問題解決
仕事分担 15 交通、ホームステイ、活動計画、会計、リーダー、など各係りの仕事を協力しながら行う
口頭発表 20 PPTや映像を用いて、発表する
報告書作成 10

選課分析

本課程名額為 25人,已有38 人選讀,尚餘名額-13人。

授課教師

工藤節子

教育目標

この授業は学生主体の参加型授業であり、活動内容等を学生が話し合いにより決め,実施する。教員は,後方から支援することが原則である。具体的には以下の通り。 1.コミュニティの活動の企画(コミュニティを知り、交渉をする)を教師と協働で行う。 2.企画に基づき、日本サイトとの連絡をとりあって準備をすすめ、企画を遂行する 3.さまざまな人がいる活動の中で責任をもって仕事をし、意志の伝達を図る。 4.初めて参加する人ともコミュニケーションを密にとり、新しい人間関係を築きながら問題解決を行う。 ※學習活動與作業說明(補充): 2.海外の大学の学生の宿泊は学生宅へのホームステイ及び合宿など生活を共にすることを原則とする。 今学期は合宿はなく、2月24日から3月1日まで学生宅にホームステイをする。

課程概述

台湾のさまざまなコミュニティとそこにいる人々に会うために、海外から参加する大学生たちとともに混成チームを組み、教室の外に出かける。コミュニティでの奉仕活動や様々な活動に参加し、いっしょに考え、行動して活動の成果(学んだこと)をコミュニティの関係者や他の学生たちに報告する。 尚、本課程は本大学の学生(外系を含めた1年生から4年生まで)と協定を結んだ海外の大学の学生が共同に参加する授業であり、海外の協定校の学生に対しては、協定に基づき成績表を発行する。

課程資訊

參考書目

「多言語社会としての台湾」 林正寛 『多言語主義とは何か』