110年第2學期-0302 日本資訊傳播導論(二) 課程資訊

iLearn 公告清單

讀取中....

Teams 連結清單

讀取中....

評分方式

評分項目 配分比例 說明
平時 30 授業態度と出席
課題 40 学期中の課題提出
期末レポート 30

選課分析

本課程名額為 50人,已有57 人選讀,尚餘名額-7人。

授課教師

大西仁

教育目標

「メディ アを読む」という言葉をキーワードに、批評的なメディアの見方、読み方についての授業を行います。 情報の送り手がどんなメッセージを、どのように伝えようとしているか。メディアの受け手は、それをどのように解釈するのか。メディアと社会、そして受け手であるみなさんとの関係など、解釈と実践を通して、批判的に読む力をつけることが目的です。 今学期は、現在の日本のメディア状況に注目します。 特に、2011年3月の福島第一原発事故と、その後の「復興」政策とメディアとの関係を取り上げたいと考えています。 この事故を10年以上にわたって、マスメディアがどのように伝えてきたか。インターネット上のメディアでは、どのように語られてきたのか。 事実を踏まえ、丁寧に考えていきたいと思っています。

課程概述

延續日本資訊傳播導論(一)課程,深入對媒體素養能力(media literacy)的認識。期望藉由此課程,學生能批判並看透媒體製作者隱藏在作品中的社會、文化、政治意含以及社會所反映出的價值觀。

課程資訊

參考書目

必要なものがあれば、学期中に紹介します