110年第2學期-0323 台日社區交流 課程資訊

iLearn 公告清單

讀取中....

Teams 連結清單

讀取中....

評分方式

評分項目 配分比例 說明
活動の準備 20 勉強会、講演会、ツアーイベントなどへの参加
グループ活動と討論 30 グループでの討論
責任ある課題の遂行 20 報告書の役割分担など
最終報告 10 発表会での参加発表、発表資料の作成
報告書作成 20 報告分を書く、編集、印刷、配布

選課分析

本課程名額為 25人,已有11 人選讀,尚餘名額14人。

授課教師

王怡人 內田良子

教育目標

今年度は、台日社區交流と愛知県立大学の授業「プロジェクト型演習」(2年生の後期、東弘子先生)とでオンラインで協働学習をする。今年のテーマは、台中市・名古屋市の中區/中区ものがたりとする。台中市と名古屋市は、2019年にパートナー都市連携を結んだものの、どのような街かお互いに知る機会があまりない。そこで、本プロジェクトでは、愛知県立大学との交流をベースにして、台中市と名古屋市の中區/中区について多角的な視点から調べ、理解を深める。

課程概述

台湾のさまざまなコミュニティとそこにいる人々に会うために、海外から参加する大学生たちとともに混成チームを組み、教室の外に出かける。コミュニティでの奉仕活動や様々な活動に参加し、いっしょに考え、行動して活動の成果(学んだこと)をコミュニティの関係者や他の学生たちに報告する。 尚、本課程は本大学の学生(外系を含めた1年生から4年生まで)と協定を結んだ海外の大学の学生が共同に参加する授業であり、海外の協定校の学生に対しては、協定に基づき成績表を発行する。

課程資訊

參考書目

東弘子(2020)「「どこでもドア」でPBL--台湾東海大學との協働学習(特集 新型コロナウイルス感染症流行状況におけるフィールドワーク教育--2020年度の授業実践)」『共生の文化研究』15号