111年第1學期-0285 綜合日語(二)C 課程資訊

iLearn 公告清單

讀取中....

Teams 連結清單

讀取中....

評分方式

評分項目 配分比例 說明
予習、授業参加、課題提出、発表、シャドーイング 50 各課の小テストも含む
中間試験 25 聴解テスト、発話テスト
期末試験 25 聴解テスト、発話テスト

選課分析

本課程名額為 30人,已有32 人選讀,尚餘名額-2人。

授課教師

工藤節子

教育目標

1.自分に関係することやこだわり、考えを説明できる 2.順を追って説明できる(ストーリーや道順など) 3.講義を聞いて理解できる 4.調べたことを発表できる(アンケート、インタビュー)、質問ができる 5.わからない時、コミュニケーションストラテジーを使って会話を続けることができる 6.人とやりとりをして課題を解決できる ●自分のことを話す/人とかかわる ﹧言語?社會?文化について意見を言うことができる 1自己紹介、2生活スタイルについて話す、3環境にいいこと、4私が好きな歌、5戀人にするなら、6外國語を習うこと、7.今までで一番○○なこと、8?インタビュー?、9今年を表す漢字、10今よろしいですか、11こんな時どうする? 12話し言葉のスタイル、13誰かになりすます、14アンケ-ト結果を発表する、15苦手な食べ物、16定住する外國人、17スト?リ?を?明する、18言語の選択

課程概述

本課程承續綜合日語(一)C課程,主要目的在培育學生於修習各類課程時不可或缺的口語溝通表達能力。培育學生跨語言、跨文化能力之外,也用心感受這個世界中之自我與他者的存在,傾聽自我與他者的「聲音」,將自己對自我、他者甚或這個世界的想法、感受,利用語言的或非語言的技巧與態度,廣泛的與他人分享。

課程資訊

參考書目

工藤節子・武藤泰子・松永稔也・林佩慧(2014)『日本語<話す・聞く・考える>-私﹧社会﹧ことば-』致良出版社