111年第1學期-5210 台日社會交流研究Ⅱ–移動與溝通 課程資訊

iLearn 公告清單

讀取中....

Teams 連結清單

讀取中....

評分方式

評分項目 配分比例 說明
授業参加 30
中間発表 15
期末発表 15
最終レポート 20
課題提出 20 授業内で提示された課題の提出、学外の研究会、学会への参加があれば授業内で報告

選課分析

本課程名額為 70人,已有6 人選讀,尚餘名額64人。

授課教師

內田良子

教育目標

グローバル化する社会は私たちのコミュニケーションにどのような影響を与えているのだろうか。本講義を通し、グローバリゼーションが進む社会で、私たちはどのように⽣活し、異⽂化の⼈々と関わるのか、コミュニケーション学の視点から考察する。近年、世界中でヘイトスピーチやテロ、移⺠・難⺠、外国⼈労働者、外国⼈児童⽣徒に関する問題が増え、その問題解決の⽭先が、ある特定グループの排斥という⽅向に進んでいる。こういった社会の中で、多様な他者とのコミュニケーションや多様性の尊重、差異を乗り越えるための研究や教育、実践はどのように取り組まれているのだろうか。 今年度は,まず、⽂化的差異、⾃⼰と他者、アイデンティティ、⾔語・非⾔語、偏⾒・差別、集団などコミュニケーションの理論的な基礎概念について理解を深める。そして、⽇本の「多⾔語社会」を事例に、グローバル社会における移動の現状と課題について理解を深める。多⾔語社会の事例分析を通し、グローバル化がコミュニケーションにどのような影響を及ぼしているのか、考察する。

課程資訊

參考書目

教師準備的資料。