98年第2學期-0320 越境文化論 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 50人,已有45人選讀,尚餘名額5人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
出席と討論への参加 60
中間レポート 20
期末レポート 20

授課教師

古川千?

教育目標

1.知識とその語り方とは、その一つの役目として彼我を生産する役目を担っている。このことを多くの実例を通して認識すること。 2.“すでに生産され流通している”彼我の関係を見直す―既存の境界線に対する異議申し立ての実例を検討していくことを通して―こと。 3.既存の境界線を跨いだ(越境的な)異議申し立てや、発言は、現実にどのような意味を(どのような人々にとって)持ちえるのかを検討し、越境的なリテラシーへの端緒を開くこと。

課程概述

透過實際的例子學習:文化的區別、文化的分際,文化是如何被分類又如何防衛這樣的分類?當人們對這條分際線有所異議、或者是想跨越分際提出異議時,會被如何「處理」?等議題。

課程資訊

參考書目


阿川亭越境文化論読み物 http://web.thu.edu.tw/mike/www/class/Ekkyo/ekkyo-home-siryo.html