98年第2學期-4122 語言接觸行動論 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 999人,已有6人選讀,尚餘名額993人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
陳文敏の講義 50 平常点:35%(出席、授業への参与度、課題等)。レポート:15%(締め切りは2010/6/4(金)とする)
Ostheiderの集中講義 50 授業参加の積極度、小グループによる発表とレポートを総合して評価する。

授課教師

陳文敏

教育目標

(陳文敏)我々人間は言葉を使って何をしているのか。本授業では、いわゆる「コミュニケーション」の諸相を細かく観察し、関連する概念への理解を深めていく。そして、関係する研究方法についても検討し、それぞれの利点と欠点を把握することを目的とする。 Ostheiderの集中講義では、言語行動における社会心理学的要因に焦点を当て、外国籍住民や身体障害者などのようなマイノリティに対するコミュニケーション行動について考察する。このことを踏まえ、言語意識とアイデンティティの概念も含め、社会心理学的アプローチに必要な理論的枠組み、調査方法などについても紹介し、討論する。

課程概述

本課程以如何解釋/理解1.人們的語言行動是如何呈現,2.擁有不同文化背景的人們接觸時發生了哪些現象為主要問題意識,並多元角度討論有關比較溝通論,雙語使用者研究等基本概念和研究方法。

課程資訊

參考書目

陳文敏:言語関係の学会誌、大学の紀要など、随時紹介。
Ostheider: 授業時に資料を配布する。参考文献も授業時に紹介する。