98年第2學期-4127 政治與溝通 課程資訊

課程分享

選課分析

本課程名額為 999人,已有5人選讀,尚餘名額994人。

評分方式

評分項目 配分比例 說明
平時表現, 平時作業等 30
研究發表, 研究報告等 30
期末報告, 論文中間發表等 40

授課教師

陳永峰

教育目標

在全球化及多元文化高度滲透的今日,國與國或公與私的界線已日趨模糊,為因應此一趨勢,本課程的討論範圍將不僅限於國家、政府、議會、政黨等固有的公部門領域,也會將觸角延伸至歷史、社會、經濟、媒體、教育、家庭、社區等的政治周邊領域。 本講義の目的: 「世論」とは単なる人々の無責任な気分、空気であって、熟考した上での判断、公的な場で議論を通じて形成された「輿論」とは峻別すべきである。世論調査に表現された「世論」は、パブリック・オピニオンとしての「輿論」ではなく、単なるプライベートな感情に過ぎない。マニフェストという耳慣れない言葉が日本政治に登場して、数年になる。2003年総選挙で民主党が、小泉・真紀子ブームに対抗して、政策で勝負するという狙いで使い始めた。しかしマニフェストを読む有権者は何人いるだろうか。マニフェストは政党が政策に真面目に取り組んでいるというポーズを表現するものである。要するに、パーソナリティを前面に出したポピュリズムと同様の「イ

課程概述

在全球化及多元文化高度滲透的今日,國與國或公與私的界線已日趨模糊,為因應此一趨勢,本課程的討論範圍將不僅限於國家、政府、議會、政黨等固有的公部門領域,也會將觸角延伸至歷史、社會、經濟、媒體、教育、家庭、社區等的政治周邊領域。

課程資訊

參考書目

1,エリス・クラウス著,村松岐夫監訳,後藤潤平訳『NHK vs 日本政治』東洋経済新報社,2006.
(Ellis Krauss, Broadcasting Politics in Japan: NHK and Television News)
2,佐藤卓巳『輿論と世論 日本的民意の系譜学』新潮社,2008.
3,高瀬淳一『武器としての言葉政治 不利益分配時代の政治手法』講談社,2005.
4,大嶽秀夫『日本型ポピュリズムーー政治への期待と幻滅ーー』中公新書, 2003.
5,大嶽秀夫『小泉純一郎ポピュリズム研究』東洋経済社, 2006.